ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

2. vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュってなんだっけ

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 2. vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュってなんだっけ


vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュとは、ぶどうの古木のことだ。
vieilles vignesヴィエイユ・ヴィーニュ(同じ発音)と、複数形のsをたして綴ると古木のぶどう畑となり、それがボトルのエチケットに書かれていれば、そんな畑のぶどうを原料に造られたワインということになる。レストランのワインリストなどでは、V.V.と省略して表記されることもある。


vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュはひじょうに珍重される。
この樹がつけるぶどうからは、より凝縮された、エキス分の多い果汁が得られるからだ。
そんな果汁から造られるワインは外観・香り・味わいにおいて充実していて、熟成による進化を果たせるポテンシャルを備えているとみなされている。

もうその房の見た目が、凝縮した果汁を連想させる。
普通の房と比較してみる。(色づき前のピノ・ノワール)


たとえば、顆粒ひとつぶひとつぶが小さいから、より果皮の比率が多い。ワインは、果皮に含まれる抗酸化作用がある色素、アントシアニンのおかげでゆっくりとした理想的な熟成期間を過ごすことができる。

そして一房に対して顆粒の数がより少ないから、光合成が用意した糖分を集中させることができる。

また、隣りあう顆粒に空間があるから、通気性がよく、病害に曝されることなく完熟できる。

しかも、種は無いに等しいほど小さいか、あるいは全くないため、種由来のタンニンが存在しないのだ。

食べるとあまい。あまい。果皮を噛めばかむほど味がでてくる。香りが豊かで、おいしいいぃぃぃぃ。もちろん、ワインの香りとはまったく異なる。収穫直前、畑で仕事中にもぐもぐしてるのは私だけじゃない。ワインになることを考えて、食べ尽すのをぐっと堪える。


このような房は、開花時の雨によって結実がうまくいかなかった、花流れの軽い症状とよく似ていて、millerandageミルランダージュと呼ばれる。日本でぶどうについての病害の章で勉強したから収穫量減という、ネガティヴな印象しか持っていなかったが、ブルゴーニュで軽い花流れは、良いアクシデントとして歓迎されている。

大切なことは、vieille vigneは雨なんか降らなくても、多くのミルランダージュを恵んでくれるということだ。
この樹なんか100%ミルランダージュ。

御年66歳。


さて。
vieille vigneの魅力は、エキス分の多い果汁を恵んでくれること。

それだけじゃないってことでしょ。 
おもしろくなってきた。






 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する