ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

14-2. tailleタイユ(本剪定): guyot poussardギュイヨ・プーサール

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 14-2. tailleタイユ(本剪定): guyot poussardギュイヨ・プーサール


それでは、実際に剪定してみよう。
せっかくなので、前回見た写真のぶどう樹をguyot poussardギュイヨ・プーサールに仕立てよう。
guyotpoussard1.jpg

2017年秋、落葉後だ。それぞれの枝の年齢と名称はこのとおり。
guyotpoussard4.jpg
春にcrochetクロッシェから発芽した芽が生長した枝sarmentサルモン(新梢)を0歳、
そうやって数えると、crochetクロッシェは1歳。
それ以外(troncトロン(幹)、brasブラ(腕という意味)など)の2歳~その樹の樹齢の部分はvieux boisヴュー・ボワ(vieuxは古い、boisは木という意味)と呼ばれる。
これらの名称はguyot simpleギュイヨ・サンプルやcordonコルドンに対しての語と同じだ。


左側には4本ものsarmentサルモン(新梢)がある。前年の剪定で、左側のcrochetクロッシェに4芽も残していたからだ。例外的な大crochetクロッシェ。ということは前のページで見たとおり、今年は左側のbrasブラのほうが、右側のbrasブラよりもおおく樹液をとおしたので、左側のの生長が促されていたと判断する。


だから今回の剪定では、右側の管を優先的に太らせる方針となる。
枝ぶりを見ると、baguetteバゲットをつくるのに申し分なさそうだ。この樹にとって初めてguyot poussardギュイヨ・プーサールに仕立てることができそう。


今回の剪定では
・右側のbrasブラに、baguetteバゲット1本と、petit crochetプティ・クロッシェ1つ
・左側のbrasブラに、crochetクロッシェ1つ
をつくる。


新しいcrochetクロッシェをつくるためのsarmentサルモンの選び方は
・旧crochetクロッシェからぶどう樹の外側に向かって伸びているsarmentサルモンがよい
・新crochetクロッシェにするつもりのsarmentサルモンの最初の芽が外側に位置していること

guyotpoussard9.jpg



枝を決めて、切る。
guyotpoussard5.jpg


そして、brûlageブリュラージュ(切り落とされた枝を集めて燃やす)後。
guyotpoussard6.jpg



2018年春直前。
気温が上がる前に、attachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)。
guyotpoussard7.jpg


春、発芽してきたところで、ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)。
guyotpoussard10.jpg
petit crochetプティ・クロッシェの2つの芽を両方のこしてしまうと、sarmentサルモン(新梢)の密度か高くなりすぎる。すると、葉が茂りすぎて日光や風が充分に届かない状況になってしまう。

そもそもpetit crochetプティ・クロッシェは、翌年のcrochetクロッシェになるsarmentサルモン(新梢)を恵んでもらうためにつくるので、ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)では、なるべく低い位置にある外側の芽をのこすことが大切だ。



さてさて早いもので、前回のtailleタイユ(冬の本剪定)から1年がたった。
2018年秋。落葉後の様子を見てみよう。
guyotpoussard11.jpg


今回の剪定では、左側の管を太らせる番だ。となると、
・左側のbrasブラに、baguetteバゲット1本と、petit crochetプティ・クロッシェ1つ
・右側のbrasブラに、crochetクロッシェ1つ
をつくる。これで、guyot poussardギュイヨ・プーサール仕立ての最大の特徴である1年毎のcrochetクロッシェとbaguetteバゲットの位置の交換が実現する。


前回と同じように、新しいcrochetクロッシェになる最適なsarmentサルモンを選ぶために、枝の伸びている方向や芽の位置を確認し、切る場所を決める。
guyotpoussard12.jpg


brûlageブリュラージュ(切り落とされた枝を集めて燃やす)と
2019年春直前。attachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)をすませる。
guyotpoussard14.jpg


発芽してきたところで、ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)。
guyotpoussard13.jpg



2019年秋。落葉後。
guyotpoussard15.jpg

さて、今回の剪定では、右側の管を太らせる番だ。


このようにして、毎年のtailleタイユ(本剪定)でcrochetクロッシェとbaguetteバゲットの位置の交換をする。





関連記事                                       


VV1300100.jpg Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ
 このカテゴリーのもくじです。



VV14-1150100.jpg 14-1. tailleタイユ(本剪定): guyot poussardギュイヨ・プーサールとは
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 ぶどう樹の解剖と生理をよく知ったからこそ生まれた仕立て方



VV19300100.jpg 19. brûlageブリュラージュ(切り落とされた枝を、集めて燃やす)
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 tailleタイユ(剪定)で切り落とされた枝を集めて
 brouetteブルーエット(手押し車)で燃やしていく。



VV23300100.jpg 23. attachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 baguetteバゲットを水平に寝かせることで得られる効果とは



VV27300100.jpg 27. ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)
 : guyot simpleギュイヨ・サンプル

 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 guyot simpleギュイヨ・サンプルにとってのエブルジョナージュとは



VV28300100.jpg 28. ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)の時期
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 遅すぎても、早すぎてもいけないエブルジョナージュの時期。
 そのわけとは?



VV29300100.jpg 29. double bourreドゥーブル・ブール ふたごの芽
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 ébourgeonnageエブルジョナージュの時に注意して見つけたいのが
 double bourreドゥーブル・ブールと呼ばれるふたごのような芽だ。


Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する