ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

33. évasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneの仕立て方 もくじ > 33. évasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ


枝の年齢と名前 cordon doubleコルドン・ドゥーブルの場合

今年発芽した芽が生長期を過ごした枝sarmentサルモンを0歳、
そうやって数えると、crochetクロッシェとbaguetteバゲットは1歳。
それ以外(幹、brasブラなど)の2歳~その樹の樹齢の部分をvieux boisヴュー・ボワ(vieuxは古い、boisは木という意味)と呼んでいる。


収穫が終わり葉が落ちたころの、tailleタイユ(冬の本剪定)を待つcordon doubleコルドン・ドゥーブルをかいてみた。
cordonコルドンにはbaguetteバゲットはないから、crochetクロッシェ以外のところから発芽した芽がgourmandグルマン(徒長枝)ということになる。





春のévasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽)と冬のtailleタイユ(本剪定)が組合わさることによって、10歳と70歳のぶどう樹がならんで同じ高さの1列の垣根になることができる。

ではcordonコルドンの場合、どのgourmandグルマンをのこせば樹齢70年で40cmのvieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)が実現できるのか。



gourmandグルマン(徒長枝)をcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルに育てる

上の図のような、crochetクロッシェが4つしかないcordonコルドンにはévasivageエヴァズィヴァージュのときに、理想的な場所に発芽した1つのgourmandグルマン(徒長枝)をのこしておき、crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルに育てることができる。


2012年5月のévasivageエヴァズィヴァージュから、2014年4月のattachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)までの流れをみてみよう。



évasivageエヴァズィヴァージュ 2012年5月
        
上の図のぶどう樹には、vieux boisヴュー・ボワ(2歳以上の部分)から発芽した芽(gourmandグルマン(徒長枝))が7つある。その中から1つを『のこしたい芽』に選んだ理由は、
・その位置が高すぎなく低くすぎないこと。
・枝に育ったときに垣根のからとびでない方向に発芽していること。
・幹の中心に位置していること。

ここに将来のcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルを位置させるのだから、慎重に選んでだいじに育てたい。



tailleタイユ(本剪定) 2013年2月
      
2012年5月のévasivageエヴァズィヴァージュで選んだ芽は、春夏の生長期をへて立派なgourmandグルマン(徒長枝)になった。2芽のこしてtailleタイユ(本剪定)することで、crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルになる。

        
        


brasブラをあたらしくする
-死んでしまったcrochetクロッシェや、高くなりすぎたcrochetクロッシェをもつbrasブラ-



tailleタイユ(本剪定) 2014年2月
      
この図ではcrochetクロッシェが死んでしまった場合をかいたけれども、crochetクロッシェが高くなりすぎた場合もおなじ行程を踏むことで、crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルから新しいbrasブラになるbaguetteバゲットをつくることができる。

まず、古いbrasブラをを切る。幹からあまりに近いところで切り落とすと、生きるべき維管束が乾燥してしまったり、病気の感染のリスクが上がるので、そのbrasブラの直径とおなじ長さの余裕をもって幹から切り離す。

そしてcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルの2本の枝から、1本のあたらしいbaguetteバゲットと、1つのあたらしいcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルをつくる。



attachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)2014年4月
      

      
(あたらしいbaguetteバゲットがどのようにbrasブラへ生長するのか、この後の展開は重複してしまうので、crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルのページで詳しくご覧下さいませ。)

こうしてcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルのおかげで、死んでしまったcrochetクロッシェや、高くなりすぎたcrochetクロッシェをもつbrasブラがあった場所に、あたらしいbrasブラが蘇り、あたらしいcrochetクロッシェが再びぶどうを恵んでくれるようになる。


そんなcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルは、évasivageエヴァズィヴァージュでのこしておいた1つの芽だった。

10歳と70歳のcordonコルドンのぶどう樹がならんで同じ高さの1列の垣根になることができるのは、gourmandグルマン(徒長枝)を発芽できるぶどう樹の生命力と、その芽を理想的な位置だと判断しのこすこの仕事があるからだ。

理想的な位置にあるcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルが、cordonコルドンに仕立てられたvieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)にとっての若さなのだ。




 



関連記事                                       


VV1300100.jpg Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ
 このカテゴリーのもくじです。


VV11300100.png 11. tailleタイユ(本剪定): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ 2
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 コート・ド・ニュイで2番目に多く採用されている剪定方法が
 このcordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ。
 cordon doubleコルドン・ドゥーブル編


VV26300100.jpg 26. 2種類の摘芽 
 ébourgeonnageエブルジョナージュとévasivageエヴァズィヴァージュ

 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 発芽した芽のなかから、不要と判断した芽をつみとる仕事が摘芽だ。
 では、2種類の摘芽のちがいは・・


VV27300100.jpg 27. ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)
 : guyot simpleギュイヨ・サンプル

 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 guyot simpleギュイヨ・サンプルにとってのエブルジョナージュとは


 31. évasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽)
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 évasivageエヴァズィヴァージュはぶどう樹のクロッシェとバゲット以外
 の場所に発芽した芽のなかから必要な芽をのこして芽を摘むことだ。

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する