ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

31. évasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽)

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneの仕立て方 もくじ > 31. évasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽)


évasivageエヴァズィヴァージュは、ぶどう樹のcrochetクロッシェとbaguetteバゲット以外の場所に発芽した芽のなかから、必要な芽をのこして芽を摘むことだ。
   
では、ぶどう樹のcrochetクロッシェとbaguetteバゲット以外の部分をみてみよう。
 

枝の年齢と名前 guyot simpleギュイヨ・サンプルの場合

収穫が終わり葉が落ちたころ、tailleタイユ(冬の本剪定)を待つぶどう樹をかいてみた。
今年発芽した芽が生長期をすごした枝sarmentサルモンを0歳、
そうやって数えると、crochetクロッシェとbaguetteバゲットは1歳。
それ以外(幹、brasブラなど)の2歳~その樹の樹齢の部分をvieux boisヴュー・ボワ(vieuxは古い、boisは木という意味)と呼んでいる。



gourmandグルマンになる芽を摘む仕事がévasivageエヴァズィヴァージュ

さて下の写真は、tailleタイユ(冬の本剪定)がすんで春を迎えたぶどう樹。
0歳だったsarmentsサルモンは、剪定によってcrochetクロッシェとbaguetteバゲットになり年齢もちょうど1歳に。

vieux boisヴュー・ボワであるtroncトロン(幹)から芽が2つ発芽している。
こんなふうにvieux boisヴュー・ボワから直接発芽し、生長した枝をgourmandグルマン(徒長枝)と呼ぶ。



この芽が生長し立派な枝になったとしても、ぶどう房をつけるのは非常に稀だ。しかもぶどう房をもつ今年のsarmentsサルモンの生長のための栄養をよこどりしてgourmandグルマンは勢いよく生長する から、まだ芽が小さいうちに摘んでおく。その摘芽がévasivageエヴァズィヴァージュだ。そもそもgourmandグルマンとは食いしん坊という意味ではないか( ´◔‸◔`)。



必要なgourmandグルマンがある

évasivageエヴァズィヴァージュは、発芽したgourmandグルマン(徒長枝)の芽を摘む仕事なわけだけれども、すべての芽を摘むわけではない。もし理想的な場所に発芽していれば、1本の樹に1芽だけのこされる。では必要なgourmandグルマンはどこに発芽し、どんな役割があるんだろうか。

実はこの時にのこされるgourmandグルマンの芽こそが、ぶどう樹を低くたもちつづけるための要。1本のぶどう樹にとっての"若さ"そのものとも言える重要な枝になるのだ。



ぶどう樹を低くたもちつづけるための要

ぶどう樹の幹は高く生長させてはいけない。高さ40cmに張ったfil de tailleフィル・ド・タイユにbaguetteバゲットをattachageアタシャージュ(固定)できなくなるからだ。今日のブルゴーニュのように一定の高さの針金にbaguetteバゲットを固定して発芽させ、同じ高さで摘心(夏の仕事のひとつ)する垣根仕立ての場合、ぶどう樹の幹が高くなりすぎることは致命的だ。


でもguyot simpleギュイヨ・サンプルのtailleタイユ(本剪定)では、毎年、旧crochetクロッシェにあたらしいcrochetクロッシェとbaguetteバゲットをつくるがゆえに、どうしても毎年少しずつ幹の背が高くなってしまうのは絶対に避けられない。


上の写真のようにcordon de royatコルドン・ド・ロワイヤも同様に、毎年のtailleタイユ(本剪定)で旧crochetクロッシェにあたらしいcrochetクロッシェをつくるから、bras(ブラ)の高さからどんどんcrochetクロッシェが上っていってしまう。


ところが70年をこえる樹齢のvieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)であっても、高さ40cmのfil de tailleフィル・ド・タイユにしっかりbaguetteバゲットをattachageアタシャージュ(固定)可能な高さをたもつことができる。cordonコルドン仕立ての場合も同様だ。春のévasivageエヴァズィヴァージュ(摘芽)と冬のtailleタイユ(本剪定)が組合わさることによって、10歳と70歳のぶどう樹が同じ高さの1列の垣根になることだってできるというわけ。

どのgourmandグルマンをのこせば樹齢70年で40cmのvieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)が実現できるのか、例によって剪定方法によって選び方がちがうのでひとつづつ見ていこう。


 



関連記事                                       


VV1300100.jpg Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ
 このカテゴリーのもくじです。



VV8300100.jpg 8. tailleタイユ(本剪定): guyot simpleギュイヨ・サンプル
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 垣根仕立ての中でもブルゴーニュのコート・ド・ニュイで
 最も一般的な仕立てが、guyot simpleギュイヨ・サンプルだ。



VV9300100.png 9. tailleタイユ(本剪定): guyot simpleギュイヨ・サンプル 2
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 baguetteバゲットって、パンじゃないの?



VV11300100.png 11. tailleタイユ(本剪定): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ 2
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 コート・ド・ニュイで2番目に多く採用されている剪定方法が
 このcordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ。
 cordon doubleコルドン・ドゥーブル編



VV23300100.jpg 23. attachageアタシャージュ(baguetteバゲットの固定)
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 baguetteバゲットを水平に寝かせることで得られる効果とは



VV26300100.jpg 26. 2種類の摘芽 
 ébourgeonnageエブルジョナージュとévasivageエヴァズィヴァージュ

 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 発芽した芽のなかから、不要と判断した芽をつみとる仕事が摘芽だ。
 では、2種類の摘芽のちがいは・・


 6. 垣根仕立てと垣根の基礎 
 -Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方-
 現在ブルゴーニュのぶどう樹の栽培には垣根仕立てが採用されている。
 整然と並べて植えられたぶどう樹を、杭と針金を使って生け垣のように
 仕立てるから、こう呼ばれる。



Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する