ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

terroirテロワール②

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Terroirテロワールのことを、もっと知りたい もくじ > terroirテロワールがもつ3つの意味 > terroirテロワール②


terroirテロワール②を理解するための鍵 

terroirテロワール②を説明するために欠かせない、1つの引用を読んでみたい。これが例の、自宅で本棚の整理をしていたときに偶然みつけた、いわば鍵だ。

 三 リヒテンベルクは、純白を見たことがある人はごくわずかしかいない、と言っている。そうなると、「純白」という語を、たいていの人は誤って使っていることになるのか?当のリヒテンベルクは、その語の正しい使い方をどのようにして学んだのであろうか?
 ――彼はその語の通常の使い方から理想的な使い方を構成したのである。
そしてこれは、彼がよりすぐれた使い方を構成したという意味ではなく、
ある方向で純化された使い方を構成したという意味なのであり、ここではなにかが極限にまで押しすすめられているのである。

ルードウィヒ・ウィトゲンシュタイン『色彩について』新書館 1997 13頁 



この「純白」を「terroirテロワール」に置き換えて、こんな文を作ってみた。


モレ・サン・ドニに住む、食いしん坊な猫ジョルジュはこう言いました。

『terroirテロワールを見たことがある人はごくわずかしかいないにゃ』
ってことは、「terroirテロワール」ということばを、たいていの人は誤って使っているの?
それに、そもそも当のジョルジュは、そのことばの正しい使い方をどうやって学んだの?
・・・そうか!ジョルジュはterroirテロワールの普段の使い方から、理想的な使い方を構成したんだ!でも"理想的"というのは、ジョルジュがよりすぐれた使い方を構成したという意味ではなくて、ある方向で純化された使い方を構成したという意味で、ここではなにかが極限にまで押しすすめられているんだね。


やっと納得いったのはこういうことだ。terroirテロワール②は、terroirテロワール①をもとに、概念的になにかが極限にまで押しすすめられ、純化した意味のterroirテロワールなのだ。



では、なにが極限にまで押しすすめられているんだろう

よくよく考えてみると、わたしたちが②の意味でterroirテロワールと言うとき、大袈裟に言えばぶどう樹さえまだない手つかずの状態のその場所・環境をイメージしているのではないか。


ピノ・ノワールが植えられ、仕立てられ、ぶどうを恵んでくれて、醸造・熟成を経て、ワインになり、それを味わってはじめてわかる、その畑の独自性というものがある。隣の畑とのあきらかな違いだ。その畑の潜在的な個性が、ワインの外観香り味わいとして顕在化される。terroirテロワール②は、顕在化された独自性のおおもとである、潜在的存在だった畑の性質・環境のことだ。ワインになってはじめて発見された、その畑の潜在性。不思議な話だ。



ブルゴーニュ・ワイン文化の骨格を成す概念、terroirテロワール②

純白を見たことがある人がわずかしかいない=本物の純白は原理的に知覚しえない のと同じように、このterroirテロワール②も、完全に概念の世界のことばだろう。でも、それがブルゴーニュ・ワインの文化の骨格をつくっていることは確かだ。


たとえばブルゴーニュの人々が、「ピノ・ノワールのワインを作ってる」という言い回しをしないのも、この概念的な潜在性のterroirテロワールを常に意識しいるからだろう。つまり、ピノ・ノワールを植えているのは、その畑のterroirテロワール②をワインとして表現するためだからだ。それぞれの畑の独自性の機微を、より美しく表現してくれるのがピノ・ノワールだった。その発見と、他の品種を排除した決断が、ブルゴーニュ人である彼らの1つの原点になっている。


ぶどう畑で働く職人が、畑でくたくたになるまで働き、「まったくもって自分ってばテロワールの僕(しもべ)だわ」と笑うとき、彼が使うterroirテロワールは、まぎれもなく②である。そして、その台詞が自然にでてくる彼の精神や精工な仕事をひっくるめて、全体がその畑のワインのterroirテロワール①である。






 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する