ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

terroirテロワールがもつ3つの意味

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Terroirテロワールのことを、もっと知りたい もくじ > terroirテロワールがもつ3つの意味


terroirテロワール① ② ③

では、terroirテロワールということばがもつ、3つの意味をおおまかに挙げていこうとおもう。意味が混乱してしまうので、それぞれをterroirテロワール①、terroirテロワール②、terroirテロワール③と書くことにしてみた。そして次回以降で、それぞれをゆっくりみていきたい。


terroirテロワール①は、
ぶどう(房や果粒)の質や量に影響しうる、すべての要素をさす。なおかつ、それらの要素と要素の関係性も含む。とにかく最大限に大きな規模でとらえた意味でのぶどう樹が生きる環境、生態系のこと。


terroirテロワール②は、
terroirテロワール①をもとに、観念的に純化した意味のterroirテロワール。ワインにその畑の独自性をもたらす、畑の潜在性。


terroirテロワール③は、
それぞれの畑のぶどうを由来としたワインに備わり、外観・香り・味わいなどに現れるその畑の独自性・個性。typicitéティピスィテということばの代りに使われているとも考えられる。



どの意味でterroirテロワールということばを使っても共通していえることは、同じterroirテロワールはこの世にふたつとして存在しないということだ。だからこそ、"このワインはこの畑のぶどうから造られています"、ということがなにより重要で、エチケットにそのぶどう房を育んだ場所の名前がいちばん大きく書かれている。



terroirテロワールということばに込める、みんなの個人的想い それぞれのワイン観

多くのひとが、この3つの異なるterroirテロワールということばを使いながら、それぞれのワイン観の中で、terroirテロワール① ② ③を位置づけている。つまり、最終的には使う人によって意味は微妙に変わるわけだけれども、それは、どんなことばもきっと同じことだろう。この3つの違いをよく見極めて、いろいろな人のテロワール観やワイン観をつぶさに感じとりたい。





 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する