ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

12. crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペル

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 12. crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペル


cordonコルドンのもつcrochetクロッシェのうち、幹にあるcrochetが
crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルだ。


cordon simpleコルドン・サンプルのcrochet de rappel こちらの例だと一番左。
      

cordon doubleコルドン・ドゥーブルのcrochet de rappel こちらの例では中央。
    


ではcrochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルは、ほかのcrochetクロッシェとどう違うんだろうか。


もし、brasブラの上のcrochetクロッシェに、1本も枝がなかったら
     
・brasブラを切る
・crochet de rappelからギュイヨ・サンプルの要領で、新しいcrochetクロッシェと
 baguetteバゲットを1つずつつくる

    




そして、春夏秋がすぎて、tailleタイユ(本剪定)の季節。
   

右側
・旧baguetteバゲットの上に、均等な距離で、新しい2つのcrochetクロッシェをつくる
中央と左側
・旧crochetクロッシェからの2本の枝のうち、1本を新しいcrochetクロッシェにする


これで、cordon doubleコルドン・ドゥーブルが復活。
  

crochet de rappelのクロッシェ・ド・ラペルのrappelラペルとは
rappelerラプレという動詞由来の名詞で、
rappelerにはよみがえらせる、再生させる、復帰させるという意味がある。

もしこんなふうに、brasブラの上のcrochetクロッシェが死んでしまっても、crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルから、新しいbaguetteバゲットを恵んでもらうことによって
brasブラを再び、何度でも、その場所によみがえらせることができる。
これがcordonコルドン仕立ての、おもしろいところだ。

crochet de rappelクロッシェ・ド・ラペルがあることで、この樹はぶどうを恵みながら、生長を続け、わたしたちよりもずっと長生きできる。



crochetクロッシェに枝がなかった原因は、樹の病気、霜、害虫などだ。

いも虫に食べられた芽

齧られた程度ではなくて、しっかり中まで完食されてる。発芽した芽がなければ、そのcrochetクロッシェには樹液が送られなくなる。結果、そのcrochetクロッシェは死んでしまう。


その体はぶどうの巻きひげにそっくりで、注意しないと見逃してしまう。いっきに7芽くらい平気で食べて、おかげで腹ぺこ時比3~5倍の体格に。


やっと暖かくなったきた頃に、まるく膨らんだ芽は、あまくてほろ苦い。わたしだって、畑へアリゴテ1本に天ぷら鍋担いでいきたいくらいだから気持ちはわかるよ。






 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する