ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

bourgeon anticipéブルジョン・ナンティスィペ

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Pinot Noirピノ・ノワール図鑑 もくじ > bourgeon(芽)> bourgeon anticipéブルジョン・ナンティスィペ

2種類のbourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)

bourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)は、その発芽するタイミングによって2種類に分類される。そしてブルゴーニュ・ワインを造るためのぶどう栽培では、この2種類はそれぞれにまったくことなる生長を遂げることになる。


bourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)の回で観察したPinot Noirピノ・ノワールの枝を、もう一度見てみよう。

ん?っとみつけたこちらが、2つ目のbourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)だ。それぞれにピントを合わせてみてみよう。


2つのbourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)の違い




bourgeon anticipéブルジョン・ナンティスィペ

上の写真の、2つのbourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)のうち、発芽したほうの芽。anticipéアンティスィペとは、先取りしたという意味。
同様に、この芽はprompt-bourgeonとも呼ばれる。promptはせっかちなという意味がある。
この芽のように、外界にあらわれた腋芽が、その年のうちに発芽することは、ほかの樹木にはあまりみられない、ぶどう樹のとても特徴的な生長だ。


bourgeon dormantブルジョン・ドルモン(休眠芽)

上の写真の、2つのbourgeon axillaireブルジョン・ナクスィレル(腋芽)のうち、発芽していないほうの芽。dormantドルモンは、休眠中のという意味。


"わきのうえ"にあるめには、2しゅるいある。ことしはつがするほうと、しないほう。



そしてもう少し生長が進むと


発芽したbourgeon anticipéブルジョン・ナンティスィペは、ものすごい速さで生長して、すぐに一本の枝になる。この枝はentre-cœurアントゥル・クール(副梢)と呼ばれる。


ひとつのaisselleアイセル(葉腋・"わきのうえ")に、entre-cœurアントゥル・クール(副梢)と、bourgeon dormantブルジョン・ドルモン(休眠芽)が同時に存在するというのも、ぶどう樹ならではで、樹木のなかでは稀なことだ。



一年の生長期を終え、冬を越し、次の春の支度へ





bourgeons dormantブルジョン・ドルモン(休眠芽)の将来
 
bourgeon dormantブルジョン・ドルモン(休眠芽)は、いつ発芽するのだろうか。
そして、なにになるのだろうか。


bourgeon dormantブルジョン・ドルモン(休眠芽)は、ぶどう樹みずからの生長にとって極めて重要だ。一年ごとの生長にも、ぶどう樹の一生を通しての生長にもだ。
だからこそ樹に対して施す仕事に、この芽の存在が直接かかわってくる。


葉や枝など、ほかの器官もみながら不思議を深めてみたい。





 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する