ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

Musée archéologique 考古学博物館

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > ブルゴーニュが展示してある 美術館 博物館 もくじ > Dijonディジョンの博物館 > Musée archéologique
紀元2~3世紀頃に作られたとされる、当時のワイン屋さんを描いたレリーフ
上から注ぎ込まれるワインを壷におさめる様子が忠実に描写されている。そして隣は豚肉加工品店
なんか・・スタイルは変われど、2000年近くたった今日とやってること同じじゃないの笑
ワインのあと、腸詰め買っちゃうでしょう
発見されたのはディジョン北のTil-Châtelティル・シャテル村
なんとこの断片は、ある人のお墓の一部とのことだ。すばらしいものを遺してくれたその主に感謝したい




ブルゴーニュの歴史を、旧石器時代からまさにこの地で発掘された品々をもとに辿ります。
ブルゴーニュ人はどこから来たのか、それぞれの時代をどのように暮らしたのか・・

ディジョン考古学博物館は、ベネディクト会のAbbaye Saint-Bénigne(聖ベニーニュ修道院)だった建物を使用しています。11世紀の初めに造られた、当時のトップが会合のために使った部屋や、写字の専用室、13世紀の終わりに造られたと推定される、伝統的な手法で組まれたアーチの天井を持つ修道士の大寝室、そして比較的新しい部屋と17世紀に造られた階段が加わり全体をなしています。このような歴史ある部屋を展示室にして、博物館のコレクションが収められています。



ブルゴーニュの中世以前の歴史や、この地での人々の営みを、Dijon(ディジョン), Alesia(アレヅィア), Les Bolards(レ・ボラール), les Sources de la Seine(セーヌ川のいくつかの水源), Vertault(ヴェルトー), Mâlain(マラン)といった、ブルゴーニュ地方の古い古い土地を通して、壮大な概観として広げてみせてくれます。

                                考古学博物館の入り口。
              Cathédrale Saint-Bénigne(聖ベニーニュ大聖堂)がそびえる。
   この大聖堂の修復工事がついに終わり、母衣もはらわれたので、合わせてぜひ訪れたい。




住所 : 5 rue Docteur Maret, 21000 Dijon
交通手段 : Dijonディジョン駅前から徒歩10分
tél : +33 (0)3 80 48 83 70
休館日 : 冬期(11月2日~4月30日)月、火、木、金曜日
     夏期(4月1日~10月31日)火曜日
    1月1日、5月1日、5月8日、7月14日、11月1日、11月11日、12月25日
開館時間 : 9:30~12:30、14:00~18:00  
入館料 : 無料
website : http://www.dijon.fr/les-musees!0-35-1/musee-archeologique!1-38/
é-mail : museearcheologique◇ville-dijon.fr(◇を半角英数の@にお差替えください)


Cathédrale Saint-Bénigne(聖ベニーニュ大聖堂)
開門時間 : 8:30~19:00
ミサの時間 : 土曜日 16:30
      日曜日 10:00、11:30、20:00 






  

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する