ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

10. tailleタイユ(本剪定): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 10. tailleタイユ(本剪定): cordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ

ブルゴーニュのコート・ド・ニュイで2番目に多く採用されている剪定方法がcordon de royatコルドン・ド・ロワイヤ(ロワイヤルじゃないよ)だ。この剪定方法を有名にした農業学校の名前が由来になっている。cordon simpleコルドン・サンプルと、cordon doubleコルドン・ドゥーブル、畑を散歩していると、そのどちらも見つけることができる。


cordonコルドンの剪定は、ギュイヨ・サンプルからスタートする。
こちらが、落葉後のguyot simple


はじめてcordonコルドンになる樹には
・旧baguetteバゲットの上に、均等な距離で、新しい2つのcrochetクロッシェをつくる
・旧crochetクロッシェからの2本の枝のうち、1本を新しいcrochetクロッシェにする
 
この時、baguetteバゲットの呼び名が変わり、brasブラになる。brasブラは腕という意味だ。
ちなみに樹液が通るごとに太る( )゚Д゚( )

   
こちらがcordon simpleコルドン・サンプルの完成形。
brasブラを片側に1本もっているから、simpleサンプル(=シングル)と呼ばれる。

春から収穫にかけて、新梢が密に茂ると通気性が悪くなり、病害のリスクが上がるので
crochetクロッシェどうしの間隔を充分とることが大切だ。



その次の年の剪定
   
cordonコルドンのルール
・前回のcrochetクロッシェから発芽した2本の枝から、新しいcrochetクロッシェを1つつくる


         
brasブラの上にある1つのcrochetクロッシェを拡大してみた。
右の図は、そのcrochetクロッシェについている芽が違う位置だった場合。

旧crochetクロッシェから、2本の枝がどの方向に発芽しているか。そして、それらの枝の2つの芽がどこに付いているかを見極めて、新しいcrochetクロッシェを決める。

左の図で選んだ枝は、かなり右に倒れているけれど、より下に位置しているし、なにより下の芽がまっすぐに発芽できる空間がある。

それに比べて、右の図では、一番下の芽は低いところに位置しているけれど、垂直に発芽するには難しい。だから、位置は少し高くても、左の枝をcrochetクロッシェに選んだ。


避けたいのは、垣根から隣の垣根の方へとび出して発芽する芽。毎年わずかずつであっても、はみ出して生長してくると、土を耕すために通るトラクターや馬に引っ掛けられてしまう。そうすると枝が傷ついたり、樹ごと倒れ、根が耐えられなければ、そのまま死んでしまう。
だから、剪定中はその垣根の中心線をたえず意識してfil de tailleフィル・ド・タイユになるべく沿うようにcrochetクロッシェを選ぶようにする。



同じ剪定方法に則っていても、同じ注意事項を守っていても、それでも、剪定する人によってまったく違う枝を選ぶことがよくある。また、まったく同じ枝を選んでいても、別の意図でそう決めている場合もある。十人十色だし、その十人もいくつかの捨てがたい他の案をもちながら切っている。tailleタイユ(冬の本剪定)は、本当におもしろい仕事なんだ。



Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する