ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

9. tailleタイユ(本剪定): guyot simpleギュイヨ・サンプル 2

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 9. tailleタイユ(本剪定): guyot simpleギュイヨ・サンプル 2


Gevrey-Chambertin Grand Cru "Charmes-Chambertin"
ジュヴレ・シャンベルタン村の特級畑 "シャルム・シャンベルタン"


crochetクロッシェは、鉤やフックという意味だ。
ピーターパンと戦うフック船長も、キャピテヌ・クロッシェでクロッシェ仲間。
ボクシングのパンチのストレート・アッパー・フックもディレクト・ユーペルキュ・クロッシェ。
ぶどう樹の枝が2芽のこして剪定されると、短くてフックみたいだから、crochet クロッシェと呼ばれる。ただ、これはブルゴーニュ地方独特の言い方で、本や学校ではcourson又はcourçonクルソンが正式名称だと習う。


一方、baguetteバゲットは、もともと細い棒という意味。
ぶどう樹の枝以外でそう呼ばれるのは、日本ではフランスパンでおなじみのパンのバゲット。
われらがお箸は、複数形になってbaguettesでこちらもバゲット仲間。


またguyotギュイヨという名称は、19世紀中頃にこの剪定方法を広めたJules GUYOTジュール・ギュイヨ博士の名前が由来だ。(1868年に発行されたギュイヨ氏によるフランスのぶどう畑を研究に関する著書は、ボーヌのMusée du Vin de Bourgogneブルゴーニュ・ワイン博物館で閲覧可能)


simpleサンプル(=シングル)は、baguetteバゲットが1本ということを示している。
guyot doubleギュイヨ・ドゥーブル(=ダブル)という、baguette2本の仕立ても存在するけれど、コート・ド・ニュイには、ギュイヨ・ドゥーブルがないからか、普段はサンプルを省いて、単にギュイヨと呼んでいる。


グイヨと聞こえるし、自分がグイヨと発音しても通じるけれど、ギヨーと発音しても、ブルゴーニュでは通じない。どうもこの差は、地方の違いによるようで、先日ボルドーと南仏のヴィニュロンと話して、やっと合点がいった。彼らは、guyotをギヨーと発音する。日本ソムリエ協会の教本のタイユの項は、どうやらボルドーや南仏で学ばれた方によって書かれた可能性が高そうだ。


そしてそのボルドー人と話していると、同じguyotでも、大きな違いがあることが明らかになった。どうも彼の樹のcourçonクルソン(crochetクロッシェ)には4つほど芽がのこされていて、baguetteバゲットもしっかり長い。いっぽんの樹がつけるぶどうの房の数を聞いて、気が遠のいた。彼の樹は、そんな重労働をして大丈夫なのかと心配すると、毎年充分な実をつけるし、彼らの品種(おなじみcabernet sauvignon, merlotなどなど)に適しているし、彼の地元で伝統的な方法はこれ、何の問題もないという。おそらく、密植度合いがブルゴーニュより低く、一本の樹が土から得る栄養素が多いのだろう。


仕立てられたぶどう樹の形は、人間が勝手に切る場所を決めたからできたのではなくて、ながい歴史の中でぶどう樹からの主張をいつもいつもいつも聞いてきた結果だということを彼らと話してあらためて実感し、まぁ最終的には、早い話がみんなで飲んだくれたのだったヽ( ´¬`)ノ。







 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する