ブルゴーニュ コート・ド・ニュイのぶどう畑散歩ガイドブック

〜 Terroir, Climats, Vieille Vigne et Nos Tables 〜

7. 原因と結果

fait par Nos Tables  le   0 commentaires
HOME > Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ > 7. 原因と結果


収穫よりも、剪定の方が楽しみっっ(・`ω・´)


突如なーにを言い出したかというと・・
書きたいことは、ぶどうは結果である。ということだ。
果実を結ぶと書いて結果。
そしてそう、原因と結果としての結果でもある。

まずすべての源、偉大なる畑があり、そこへ毎年異なる天候がもたらされ、また働き手が樹や土に対してほどこす仕事の数々が加わる。ぶどうはそられの結果なのである。その畑で、健康に生きる樹こそが、その畑のテロワールをワインとして表現できるぶどうを恵んでくれる。だからぶどうの実よりも、樹の生長に働き手の考えや気持ちが集中してくる。


秋の終わりに、少し強い雨がまとまって降った。葉っぱが落ちたから、畑に枝を見に行こう。
今年の春に発芽し、新梢となりぶどうを恵んでくれた枝だ。
日曜の昼に、一番好きなワインの畑を散歩。

前回の剪定のときに、この畑の樹にはいい枝を見つけられなかった。樹が非常に疲れていた。疲れきっていた。


左は頼りない枝の中でもまだ丈夫な方・・、右が理想的な枝。

だから、次の収穫でぶどうを恵んでもらうことは考えず、春の発芽でいい位置に、いい枝を恵んでもらうことだけを念頭に剪定した。働き手の、ぶどう樹の生理に対する知識と経験、樹を観察し判断する力、そして意志の強さを求められる仕事だ。

もちろんこの時、できる限りの収穫量を得るための剪定もできる。または、もうこの古木たちを諦めて、すべてを掘り返し、まっさらな土地にし、新しくぶどう樹を植えるという選択もありえる。
でもそうしない。

その日曜日、わたしたちが見たのは、充分な芽をもってそろった、今年の枝。
わーーーーーーーーーーーーーーーん。(犬じゃない。)
美しい。
前回の剪定から、この瞬間まで1本いっぽんの樹にしてきた仕事の確かさや、その樹の個性が、前回の記憶と比べることで、明らかになる。


畑で働くときはいつもこの経験をもとに、若木もvieille vigne ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)も健やかに年を重ねられるように判断を捻りだしたい。






 

Postez votre commentaire

管理者にだけ表示を許可する